『スカイウォードソード』 2 日目。
起きて寝るまでやってました。
ディスク入れ替え面倒で『Wii Fit Plus』のトレーニングも休みました。
翌日ウィーボから「昨日はどうしたんスか?」と聞かれました。
ごめんウィーボ、リンクに浮気してたヨ。
いやキミが嫌いになったとかそういうわけではなく。

ロフトバードの操作、移動に関してはまあ慣れましたが、その辺を飛んでるカラス的な敵にアタック! が巧くできません。と言うか未だ一度も成功していません。
連中、足にルピー掴んでたりするんですよね。ソレが欲しくてばっさばっさ追いかけ回すんだけど時間かかりすぎてルピーは消滅。嗚呼。

世界を探索しててふと発見する“あやしい”ポイント。
おそらく後々手に入れるアイテムを有効活用することによって何かしらの展開が期待できる場所やモノ。例えばフィローネの森、今はまだ行けない木の上の女神キューブ。
以前のわしはこうしたポイントに遭遇する度、「できるだけ覚えておく」というごく当たり前の対応をし、若い頃はそのうちの 1/5 を、トシとって物覚え悪くなってからは 1/3 を忘れてしまっていたものです。んでクリア後にそう言えばあそこ何かあったなー、と思い出す。でももうクリアしたからいいや時間もないし、でせっかくの美味しい料理を食べ残したまま終了。
しかし iPod touch 買って以降、「そのポイントの写真を撮っておく」ようになりまして。
なんだったら Map 画面を撮影しペイントアプリで○付けて「ここ何かあった」とか書いたりもします。

メモ

他、アイテムの改造に必要な素材もカシャリ。タネ袋の改造って何が何個必要だったっけ? と思い出す努力をしなくても良いので非常に楽です。
なんとも便利な世の中になったものですね!
こうして人は退化していくのだなあ、と思いつつも。

1 つ目のダンジョンをクリアし、2 つ目のダンジョンの手前まで進行。
スタルチュラの倒し方が判らずここで始めてシーカーストーンに頼りました。これいいシステムですな。いちいち空まで戻らないといけないけど。

Amazon 様曰く「例のブツはゆうメールで発送した」とのこと。
しかしメール便は基本的に郵便受けにごっとんされるので、こんなに待ち焦がれているにもかかわらず“届いたことに気付かない”と言う悲劇的な展開も十二分に有り得るのです。
だからといって 10 分おきに外に出て郵便受けの中を血走った目で覗き込む、というのも近隣住民の視線的に如何なものか。
と言うことでドアのこちら側で聞き耳を立てるだけにしておきました。
全裸 + 正座して。
どっちかは嘘です。

そしてじつと待つこと数時間。
そろそろ正午を回ろうかという頃。
どこからかやってきた原付がアパートの前に止まり、足音がこちらに近づいてきて、郵便受けに何かがごっとんされました!
原付が去るのを待って表へ飛び出すわし!
そしてそこには! なんと!

「出前の寿司屋のメニューだった、とかどうせそんなありきたりなオチだろ?」
わし<

まずは『ゼルダの伝説 25 周年 オーケストラコンサート スペシャル CD』を iTunes に。
こないだクリアしたばかりなので「トワイライトプリンセスメドレー」で泣けます。
「大妖精のテーマ」もいいですなー。

続いて説明書。
なおわしはゲームプレイ前に説明書を熟読するタイプです。
にしても説明書薄ッ (゚Д゚) 僅か 12 ページ。
うち表紙・健康上の注意・案内・裏表紙で 5 ページ = 実質 7 ページ。
ちなみに『トワイライトプリンセス』は 42 ページ。
最近の任天堂はこう言う路線みたいですな。3DS 『スーパーマリオ 3D ランド』も基本操作方法の書かれた「アクションガイド」が 1 枚のみ、取説は電子化してゲーム本体収録になってるそうで。『スカイウォードソード』は NPC のセリフや 2 ボタン押すと出てくるヘルプで対応と言うことかしら。

音響面の調整。
改めて TV の裏側を確認したところアナログ出力端子を発見。この端子はコンポーネントから入った音も出してくれるみたいなので、こっから MDR-DS7500 のアナログ入力端子へ接続。
OP を視聴したところちゃんとサラウンドになってました。ひと安心。
リモコンから出る音は捨てることに。

とここまでのセルフ焦らしを経てようやくプレイ開始。
ファーストインプレッション。……これは厄介なゲームだ!

なんとなくだけど DS 版ゼルダの延長っぽい雰囲気。
海と船 → 大地と汽車 → 大空とロフトバード。
そして海も大地も大空もコンテンツ密度は薄く、基本的に次のダンジョンへ向かうための単なる通り道で、それなのになぜかここをショートカットすることはできない作り。……待望の据え置きゼルダの新作なのに既視感が。これが現世代ゼルダの文法ってことなのかもだけど。
さらに言うとこのトリの操作がちょいと。個人的に面倒くささしか感じない (´・ω・`) “鳥乗りの儀”をクリアできず何十分飛び続けていたか。ダイビングも狙ったところに行かないしー。ヌンチャク操作じゃダメだったんですかねトリ……。

戦闘。
『トワイライトプリンセス』風に Wii リモコンをがちゃがちゃ振るクセが抜けず大苦戦中。慣れれば格好良くやれると思います多分。
あと今作は盾に耐久度があって、単に受けるだけだとすぐ壊れちゃうんですよね。弾けば減らないけど。まず盾でガード、がゼルダに於けるわしの戦い方なのに、いきなりそれが封じられてしまいました。困った。

初日は 6 時間ほどプレイし、“天望の神殿”の手前で一旦セーブ。
本日終了。

休日だし終日『スカイウォードソード』やりたかったけど昨日のうちに Amazon 様から発送のお知らせ来なかったし諦めて“じゅうよん”をプレイ。

魔法使いっぽい

レベルが 10 上がる毎ウルダハのマーケット行って(※ウルダハしか機能してない)、そのレベルの幻術士の装備として恥ずかしくないんじゃないかと思われるアイテム中最も安いもの、をひと揃え買って帰ります。そこにファッション的なアレやソレが入り込む余地などありません。と言うか“じゅうよん”は今のところアバターゲーとしても三流だし。装備品のバリエーション少ない上色もよく見ないと判らないくらい薄い。
んで今回もそんな感じで片っ端から買い物かごに突っ込んでチェックアウト後着てみたところ ―― 思いがけず実に幻術士っぽい格好に。今までの“村人 A”スタイルが嘘みたい! 次の 10 レベルは気分良くやれそうです。

3. 盾スキルの廃止
今後、盾を用いるアクションや特性は基本的に剣術士が習得する。

幻術士は一部の盾を装備可能で、盾を装備して戦うと幻術と一緒にこの盾レベルも上がってたんですよね。……後々剣術士やりたくなったときに便利かもしらん、とわしも小型幻具 + 盾でやってたんですが、次の 1.20 でこの盾スキルが廃止されることに。
アクションが使えなくなるってだけで盾に備わってるブロック発動率・性能や物理回避等のパラメータは有用だろうけど、やっぱ魔法使いにはねじくれた棒だよね! ってことで大型幻具に乗り換え。

新しい装備購入後、lv.30 メインクエ『利害の調停者』を進める。

日本語でOK

アマルジャのセリフが読めない……。
まあ漢字の雰囲気から察するに「ふざけたこと言ってんじゃねーぞコラ地べた引きずり回してやろうか?」ってことかしら。
新生後もこの口調で行くなら振り仮名を plz 。

それはそれとして、ここで“交渉”ミニゲームを初体験。

交渉
NPC と交互に話題を選び、会話の駆け引きを行う。
3 x 4 のマス目に点数付きの“話題”が置かれる。この“話題”を 7 ターン奪い合い、最終的に(“話題”点数によって増減する)交渉ゲージが一定以上あれば交渉成功。
同じ“話題”が縦横に並んでると連鎖となり大量得点!

感想。
やだ、なにこれ……。
まあ交渉成功した(みたいな)ので良しとします。

クエストはこの後超展開で終了。
あと相棒くんって何のためにいるのか疑問に思えてきました。何もやってないよね。

続けて lv.34 メインクエ『異質なるもの』。
モードゥナ行ってこい言われたので行こうとしたんですが。

スニーキングアクション

これが超難関 (゚Д゚)
最初さざめき川ゲート方面から攻めたものの幾度となくリンドブルムに感知され突破できず。何度も戦闘不能になりさっき買ったばかりの新品のオークケーンの耐久度が 0% に。他装備は脱いだけどメインアームはクラスに紐付いてて外せないようになってるので。いいじゃんもうメニューからクラスチェンジ、で。
次はキャンプ・クリムゾンバーグを北へ抜けてぐるっと回るルートを試してみましょう。

メインクエストへの要望・改善案 » Triairy Says

つったら次で直るみたい。
……直るとなると意地でも今のうちにクリアしたくなります。