2017年12月29日 (金)

[2017年12月29日 (金)] に公開されたポストを表示中です。

『FFXIV』絶バハムート討滅戦の開発陣 x ワールドファーストチームの夢の対談が実現!(1/3) - コネクト!オン.com

須藤さんは面白いなあ⎛゚∀゚⎞
絶には、タンクヒラの攻撃参加に加え、「アーマリーシステムであることも含めてすべて」入れた。つまりそのコンテンツに適したジョブを用意できるかどうかも絶のうち。

ツインタニア。わしがクリアさせてもらったとき既に魔力爆散 ST 受けでしたね。そうかこれって想定外のヤリカタだったのか……。

須藤 どちらかというと、絶に挑戦する前に見直すことがありそうな方々に向けて……(笑)。

須藤さんはほんと面白いなあ⎛゚∀゚⎞
ネールさんについて。

吉田 その肝心なネールのセリフですが、外部アプリケーションの読み上げ機能でクリアーされてしまっているのは、大きな反省点です。アプリケーション自体の使用是非もそうですが、テキストを見て判断する、というギミックが無視されているうえに、プレイするハードによって差が出すぎてしまいました。

え、今さら? ゆっくり読み上げ動画なんてそこら中にアップされてるのに。
このゲームはミスると他人に迷惑をかけるからゆっくりに頼りたくなる気持ちは凄く判ります。

そんでワールド 1st のプレイ時間よ。
平均 15-16H って時点で無理です。体力も集中力も持たない。

電撃 - 『FFXIV』バトル班に“コンテンツの作り方”を聞いてみた。中川氏&須藤氏インタビュー

Mr.オズマ、バトルコンテンツ班のリーダーなのね。
ランダム要素。神龍でたまに麻痺るのランダムだったのか。
やりがいや喜び。

須藤:私は、プレイヤーの方々が、バタバタと……。

須藤さんはとてもとても面白いなあ⎛゚∀゚⎞

こういう記事見るとシビアなバトルやりたい熱がふつふつと沸いてまいります。
4.2 入ったらまた零式行こうかしら。レンジで。
レンジというからには詩人も同じレベルで出せないとお話にならないので ―― 4.2 までに詩人を上げつつ修行するか、もしくは吟遊詩人の冒険録:蒼天編。