[逆裁][※ネタバレ] 『逆転裁判5』の感想

ニンテンドー 3DS 『逆転裁判 5』の
ネタバレを含みます。

クリアしました。以下感想。

このシリーズの 1-3 は、なにせ霊媒師が助手だって事もあり、かなりとんがったシナリオでした。好き嫌いはっきり分かれる。
そして自分はそのとんがったシナリオが好きだったんですよね。弁護側は常に絶体絶命。相対する検事は一癖も二癖もある奴ばかり。どんな無茶なトリックであってもなんだか納得させられてしまう、検察側と弁護側のテンポの良い煽り合い。あちこちに張られた伏線とその回収手段。一瞬息が出来なくなる、心臓をわしづかみにされたかのような演出。
それが 4 で、全体としては大きく破綻しているもののあくまで常識の枠におさまる無難なシナリオになり ―― 今作 5 ではもう完全にフツーの ADV になってしまいました。

それほど絶体絶命ではない。4 に続き検事が善玉。なので特に何もしてこない。証拠品の捏造もしないし台本も作らない。そうなると必然的に煽り合いもなくなる。トリックも総じて無難。伏線は少なく、かつ後にどのように繋がるのかある程度判ってしまう。心臓わしづかみ演出もなし。
実に平坦でした。

かと言って面白くなかった、というわけではなく。
普通なんですよね。
普通だからこそ感想も特に出てこないのです。

捻り出すと、「1-3 の頃のとんがったシナリオを期待して買ったけどすごく普通だった。自分には“期待外れ”の出来だけど、とんがったシナリオを期待しなければ普通だから、まあ普通に面白いんじゃないかな?」というよく判らない感じになります。

それにしても ―― 言いがかりシステム「みぬく」が今作にもあるとは! 法廷でギンに封じられて使えないことを喜んだのもつかの間、探偵パートで使ってた (´・ω・`)
ココネのココロスコープもある意味言いがかりだけど、こちらは証人の記憶の混乱を鎮める効果があり。ココネもそういう風に使ってたので「みぬく」よりは好印象。
でもサイコ・ロックの衝撃には遠く及ばない。サイコ・ロックは前置きなしにいきなり来るし。曲も良いし。5 をプレイ中最もテンション上がったのがこのサイコ・ロックが掛かった瞬間でした。
大きくなったはみちゃんにも会えました。BGM ははみちゃんのテーマ。たらららーんらったらったらったらったらんら♪ でも事務所を掃除しに来ただけ。単に前シリーズからのカメオ出演。マヨイに至っては修行中とのことで手紙のみ。彼女らの活躍は DLC に期待か。……作ってくれるのかなあ……

ところで裁判員制度はどうなったのか。4 のテーマだったのに。
それからこの作品、とあるキャラの声を古い知り合いが担当してまして。……声聞くたび本人の顔が浮かんでもうだめ。

2 コメント

  1. 逆転裁判5のDLCで、クイズとは別の特別編、されましたか??
    何やら大人の事情で、本編から切り離されたんではないかと思うほど爽快感のある、(DLCにしては)モーションが凝ったものでした。
    弁護士復帰して初のナルホドへの依頼事件で、
    今半額なので、ぜひどうぞ〜

    1. 買いましたー。けどまだプレイしてないです。
      いま奥さんが逆裁 5 プレイ中でして。
      セーブスロット 2 つが実に有り難いところ。

      これの売れ行きが良ければ、マヨイとか、
      あとオバチャンの出るシナリオなんかも……。

コメントの受付期間はポスト公開から 30 日間です。