2013年04月28日 (日)

[2013年04月28日 (日)] に公開されたポストを表示中です。

ニコニコ超会議に於ける Win8 x FFXIV コラボイベント、正式タイトルは長いんで省略しますが、そのアレコレ。
色々あったそうですね。FF で一番感動したのは? → 取り逃げのシーンだとか。よしが逃げたシーンだとか。これはもう許されたと言っても過言ではないって言う。

以下、GAME Watch さんのイベントリポートを拝借。

「FFXIV : 新生エオルゼア」ユーザーイベントを開催 吉田 P がミコッテに変身! 日本語声優のトークショウでは新キャラ「アルフィノ」を初公開

吉 P はエンターテイナーですねー。さすがダリー
種族装備の話。レガシーズはもうそれぞれ極まったキャラを持ってるのであれですが、新生からスタートする新規ちゃんはクラスチェンジで頻繁に lv.1 に戻ると思うんですよね。その時にとりあえず着る装備、というのは大事です。わし主にララフェルですがデザインも可愛いし。

ララフェルの種族装備(GAME Watch より)

たすきがけされたバッグがたまりません。何が入ってるんでしょうか。

客層が明らかに違う男性声優さんのトークショー。こちらはニコニコ動画に上がってたものを視聴。……中村氏の XI 体験談が生々しすぎ……。XI 怖い;;
担当キャラは、中村氏サンクレッド、立花氏新 NPC のアルフィノ。実際のボイス、サンクレッドのは ―― ナナモちゃんをたしなめてるのかしら。んでアルフィノ。

各国のグランドカンパニー、そして ―― “暁の血盟”、彼らはその問題を解決する鍵だ。

“暁の血盟”とは何ぞや。その問題とは何ぞや。

祖堅氏による即興ジングル作成コーナー。
“ぴんからぴー”で民族、このお題で 2 バージョン作れ。
無茶振りにも程が! つったらマジで作っちゃってるし。この人すげえ (゚Д゚)
で、空気を読んだアンケートの結果おちゃらけ風味の 2 バージョン目がいい、となって吉 P 「ヒルディ関連の F.A.T.E. を作ってだな、そっち JOIN したときにこれ流すか」「俺なんか書くから」
なるほど、近くで F.A.T.E. が発生しました、っつーから向かったら JOIN 時これ鳴って、しかもその先でヒルディブランドゥ氏があのポージング決めて立ってたら即帰りたくなります。

「FFXIV : 新生エオルゼア」、「田中理恵スペシャルトークショー」レポート “レガシー女王”によるガチな質問の連発に吉田 P もたじたじ!

カヌ・エ・センナさま & ガルーダ役、田中理恵さんを迎えてのりえりえ超会議 2 。
この方は XIV すごいやり込んでるそうで。トーク濃すぎ。わしのような貧弱レガシーなど「こんなんでレガシーを名乗ってすいませんした!」と土下座するほかありません。初っ端の質問からしてガチ。曰く、フラッシュの範囲狭すぎね? ガチすぎ。まーそれに返す吉田氏もガチなんですけど。マーカー付けてコンボ入れて集めてから使えw フラッシュだけでキープしようとか甘ぇww
最大のバトルはレリックについて。

田中さん「吉田さん、あの」
吉 P 「は、はい。……なんでしょう」
田中さん「レリックは成長するって聞いてたんですが」
吉 P 「……はい」
田中さん「なんか、新たに、新しいレリックが出るかもしれないよ、みたいなことをちらっとおっしゃってましたよね? それって言うのは、レリックを作った人たちは、あれだけ大変な思いしたのに、また新しいレリック? みたいな」
吉 P 「ちょ、だんだんガルーダになるのやめてもらっていいですか;;」

まさに XI フォーラムが荒れてる原因ですね。あんな苦労してイロイロ作ったのに、アドゥリンではそれを上回る装備が「普通の装備」として出る、と宣言された。これはもうげきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリームだよ! と。
最強ではなくなるけど何らかの調整をする、とも言ってますけど。それくらいでは怒りはおさまらぬ模様。
それに答えて吉 P 。上レポートより。

ちょっと誤解があって、レリックは旧「FFXIV」だと頂点の位置づけだったが、新生の位置づけだとクリスタルタワーに行くために取って貰おうと思っています。クリスタルタワーでドロップする武器はレリックよりも上のものがあります、かつ今度はクリスタルタワーで取った武器や防具で挑戦する大迷宮バハムートはそれより上になります。これが正式サービスがスタートしたときの状態。
ただ、今度コンテンツが足されます。次はレリックを強化するコンテンツが実装されます。そうすると格が一番上に上がります。それをクリアするためにコンテンツをクリアして貰うことになります。そして同じデザインだと飽きますよね? だからさらにそれを改造してレリック 2 みたいなものにすると、それを交互に実装することで、どっちのアイテムも死なないようにするつもりです。無駄にはならないようにするつもりです。

とのこと。
XI で例えると ―― メナスインスペクター産の武器が一番強いけど、次のアップデートでは RME を強化するためのコンテンツかクエストが入りそれを消化することで立場が逆転する。んで次の次のアップデートではまたそれを超える武器が手に入るコンテンツを ―― と続いていく。ふむ。
『クリスタルタワー』産の武器は『大迷宮バハムート』産の武器を get した時点で、『大迷宮バハムート』産の武器はよりレベルが上のコンテンツ産の武器を get した時点でそれぞれお払い箱、しかしレリックは成長で常にそれらを上回り続けるしついでに見た目も変わる。
さて、これを聞いて XI のカミサマはどうするか。
というか、XI も同じ事を考えてるんじゃないかと思うんですがどうでしょうね。例によって言葉が足らず誤解されてるだけで。
だってねえ。プレイヤーの蓄積を無に帰す、って時間を食い物にする MMO として一番やっちゃいけないことだと思うし。……まあ伊藤氏は「MMO では減っていかないものが多すぎる」とかさらっと恐ろしいことを言う方ではありますけどね。こちらは減っていかないからこそお金払ってるのに。

出張プロデューサーレター LIVE 。

「FFXIV」、ニコニコ超会議 2 にて「出張プロデューサーレター LIVE」を開催 「発売日は夏の暑い時期!」など最新情報がポロリと判明! 重要 NPC 情報も

「FFXIV : 新生エオルゼア」プロデューサーレター LIVE レポート ひろゆきとの対談レポもお届け! フェーズ 3 は 6 月上旬開始、5 月下旬から予約もスタート!

新生版のリリースは夏の暑い頃、5 月下旬から予約開始、コレクターズエディションは「FFI」の光の戦士のヘルム付き、旧 XIV のコレクターズエディション買った人にはモグレターで送られてくる、CD とかリアル特典欲しい人は買わなきゃだめ、マテリアではアイテムレベルは変動しない、βフェーズ 3 は 6 月上旬、等々。
てことは約 1 ヶ月間 XIV とお別れですねえ。何して暇潰そうか。

祖堅氏による即興ジングル作成とりえりえ超会議 2 が面白かったス。
今後の P レター LIVE にはド直球の質問をど真ん中に投げ込んでくる“レガシー女王”田中理恵さんを毎回ゲストでお呼びして欲しいところ。“先輩”レベルでは吉 P に太刀打ちできないと言うことが判りました。
即興ジングル作成はこうしたイベントの定番コーナーになりそうであなおそろし。