2011年11月15日 (火)

[2011年11月15日 (火)] に公開されたポストを表示中です。

映画『インモータルズ』のネタバレを若干含みます。

14 日に見た映画 2 本目。

インモータルズ 神々の戦い [★★☆☆☆]

2D 版。
神々の、何かをこじらせたかのような成金趣味、重量感、そして何より人間には理解できない理不尽さ、は確かに圧倒的。
……逆に言えばそれだけの雰囲気映画。

この前に予習として WOWOW でやってた 2010 年版の『タイタンの戦い』を見たんですが、『タイタンの戦い』に於けるアポロが『インモータルズ』に於けるゼウスでルーク・エヴァンス。……やー出世したなあ、と。
ちなみに『三銃士』のアラミスでもあるので最近この人ばっか見てます。

ギリシャ神話モノはとにかくカミサマが酷い。カミサマが酷いので話も酷い。
それはもう受け入れてるので別に。
「タイタン族が解き放たれない限り、人間に関わってはならない」とか言うゼウスは人間に化けてテセウスに戦い方仕込んでたし。しかもその禁を破ったアポロを本当にぬっころすし。もしかすると『タイタンの戦い』での己の役どころに不満でもあったのか。確かに活躍シーンゼロだったけど。あとポセイドンとアテナも人間助けたじゃん。なんで 2 神は OK なの? ああなんという自分勝手、なんというダブルスタンダード。
じゃあアポロも人に化けて助ければ良かったんじゃんね。
……そもそも論で言うとタイタン族は別に人間に何かしたって訳じゃなく、単に神々の敵ってだけで、封じたのも神自身。解き放たれたら何とかする、んじゃなくて今なんとかすれ。

神 vs. タイタン族とテセウス vs. ハイペリオンが完全に別の話。別の映画。2 本の映画のミックス。
しかしながら、神のスタイリッシュ & 潰れたりざっくり真っ二つだったりグロいんだけどもそれすらも神々しいアクションシーンと、人間同士の薄暗い照明下の泥仕合。この対比は映像として実に良かった。泥仕合の方にこそカッコ良さを感じました。

注意事項として、男子限定でキュッとなるシーンがあります。
予めトイレに行っておいた方が良いです。