2011年06月27日 (月)

[2011年06月27日 (月)] に公開されたポストを表示中です。

映画『SUPER 8』のネタバレを若干含みます。

予告編見ても何の映画かサッパリ判らなかった『SUPER 8』。
ごっぐる先生に問い合わせてみたところ、Super 8 = スーパー 8mm フィルム、と言うことらしく。
続けて公開されたより詳しい予告により、つまりアマチュア映画を撮ってる子供らが主役の作品なのだな、というところまでは理解。
あと空軍の列車が意図的に脱線させられて大爆発。コンテナから“何か”が出てくる。

SUPER 8 [★★★☆☆]

見終わった直後の感想 → ゾンビ映画おもしれー (*゚∀゚)=3
カズニック監督はきっと後に有名な映画監督になるね!
アリスもいい女優さんになりそう!

ストーリー。
まずありのまま今起こった事を話すと ―― 『SUPER 8』って言う 1 本の映画を見に行ったと思ったら、いつの間にか「子供たちのアマチュア映画製作を軸とした、親子愛や友情や初恋を盛り込んだ心温まる作品」と、「空軍の陰謀、そしてコンテナ内に存在した“何か”によるホラー、サスペンス、パニック、アクションもの」の、全く毛色の違う 2 本の映画を同時に見てました、となり。
……これ、同じ街を舞台にした 2 本の映画のミックスじゃあるまいか。
それくらいこの 2 本は絡んでない。

フィルムの空き箱やタイヤ跡が主人公達に結びついてない。
キューブ状物体について、それを“何か”が取り返しに来る事もない。勝手に飛んでった。
ラストまで“何か”とのコミュニケーションのシーンもない。
さらに言うと“何か”とコミュニケーションが取れたとは思えない。
基本的に「コンテナ内に存在した“何か”」側の登場人物である主人公のパパが、「子供たちのアマチュア映画製作」側の登場人物である主人公の危機的状況に颯爽と参上! みたいなお約束展開もない。
こっちはこっち、そっちはそっち、で淡々と進みます。
最後はさすがにがっつり絡むけど。無理矢理。

思うに、「コンテナ内に存在した“何か”」はヒューマンドラマに於ける、解決後、登場人物達が何らかの絆を感じて涙する為のトラブルの一つでしかなく、それ自体特に掘り下げる類のものではないのだけど、しかしこれはあまりにも現実離れしたトラブルであるからしっかり描写する必要があった。
その結果、“2 本の映画”になってしまったのではないか。

その他。
列車事故や市街戦や“何か”の迫力のある映像と、なんとなく懐かしい(80 年代のスピルバーグ映画を思い出す)カメラワークが同じ映画内に存在。
……個人的な感想を言うなら、これは合ってない、ような (´・ω・`)
どうやらイイ話として終わらせたいみたいだけど、それにしてはあちこち見事に爆発しすぎだし、人死にすぎ。
あとあれだけのテクノロジーを持った“何か”をそのまま返しちゃうと間違いなく報復されるよねー。いいのかしら。

いや、面白くなかった、と言うワケじゃないのです。
なんというか ―― とにかく不思議な作品でした。
合うか合わないか、実際に見て判断してもらうしかないス。
「子供たちのアマチュア映画製作」側のストーリーは非常に良い出来だし、そしてそちらがメインテーマなんだろうし、わざわざ“何か”を出す必要あったの? という根本的な疑問がどうしてもわしの頭を離れないのです。
出したかったからだ、と言われそうだけど。