もしドラ

[もしドラ] タグの付けられたポストを一覧表示中です。

以下、映画『もしドラ』のネタバレを若干含みます。

初動 1.8 億 / 316sc でどうやら苦戦中
……いやその前になんで前売りに握手券とか選挙権を付けなかったのか。それをやっても許される限られた素材でしょうに。ああもったいない。この映画の制作・宣伝責任者こそドラッカーに学ぶべき! 顧客が何を求めているか知るべき!!
そんな映画版『もしドラ』を見てきました。タダで。

もしドラ [★★☆☆☆]

2 アウト 1 塁 2 塁なのに、バッター打った瞬間ランナー走り出さない野球をわしは知らんです。走ってたら滑らなくても余裕でセーフだったよね。
あとアニメ版にもあった、2 塁埋まってるのに 1 塁ランナーのリードがやたら大きい件。あれは、野球知ってるヤツなら「は?」となる、ぶっちゃけ“意味のわからないこと”をやることで動揺と混乱を誘ってるみたい。確かに混乱しました。はい。
さらに言うと ―― エースのピッチングフォーム。重心上すぎ。見事に腕だけで投げており。膝汚れてないし。……いや、腕だけで投げて甲子園行けるんだから相当才能ある投手なのかもしれない。ああだから「このチームは強くなる」のか。高校野球なんて 90% 投手の才能で決まるもんね。
そんなエースピッチャー。決勝だったか、内角に実に良い球投げてたけど ―― あれは VFX かしら。1 球だけの。
明らかにピッチャーに打球当たってるのに全く気にしないキャッチャーも凄いスね。
もう一つ。出てくる投手ほぼ全員、モーションの途中で止まってるんだけど。これって今 OK なの? 球技大会で「投球動作止めんな」って審判だった野球部に言われた記憶あるんだけど。
バッティングも手だけで振ってる選手多く。前田さんとか、ゆうのすけとか。あとゆうのすけとか。
ゆうのすけは守備でも魅せてくれて、エラーしたあと棒立ち。ランナーの進塁状況を見るでも、ボールが逸れたときの事を考えてカバーに入るでもなし。ただボールをボケーっと追うだけ。高校まで野球やってきたヤツなのにまるでエラー慣れしてない。そんなエラー慣れしてないヤツを、一般的に一番守備の巧いヤツが担当するショートストップに置いた上、あんだけエラー繰り返されても外さない。このチーム野球の常識を打ち壊しすぎです。いのべーしょん;;

つってもまあ、わしの本職はサッカーなんでもしかしたらこれが今の高校野球のトレンドなのかもしれんですが。
個人的、見てて安心できたのキャッチャーの子と対戦相手と審判だけでした。
野球のシーンもぶつ切りぶつ切り。別々に撮って試合っぽく繋げただけ。臨場感は皆無です。

ストーリーはアニメ版とほぼ同じ。なので原作もほぼ同じなのでしょう。
ただ映画版はアニメ版と違い「夕紀(入院中のマネジ)はかなり弱ってる」という演出が入るので、唐突に思われるお涙頂戴劇にもそれほど違和感なし。唐突は唐突なんだけど。
セリフ別録りなのか、口の動きとセリフがあってないシーンが数ヶ所。
マシンの球打ってるの前田さんじゃないよね。
石塚さんと青木さんのシーン。あそこコメディ調にする必要あったの?
ラスト。前田さん全く泣いてない。その点、峰岸さんの方が芝居巧いス。
前田さんは動かないところは全く動かず、動くところはちょこまか動きすぎ。とても素人くさい。のはアイドルだから別にいいのか。
アニメ版ではよく判らなかった監督の性格。映画版ではしっかり方向付けがなされており○。

アニメ同様面白くなかったけど、見てない人に「そんな映画作るくらいなら被災地に寄付しろ」と言われるほど酷くはなかったです。映画としての体裁は整ってるし。
ただ、アニメにしろ映画にしろ、制作者が野球を知らなさすぎただけで。

タグ: , , ,

B004U8AZQM
【特典生写真付き】Everyday、カチューシャ (Type-A)(通常盤)
投稿日の価格:¥1,285
AKB48 | 販売:キングレコード | 発売日:2011/5/25

が inbox 。最近の CD はミュージッククリップ付きなんですな。さっそく iPod へ。
そう言えばここ何年か CD つったら FFXI 関連のものしか買ってなかったニャー。ほとんど iTS 。昨日のエントリ書いたあと無性に LINDBERG 聞きたくなってその場で数曲購入したし。ほんと便利な世の中です。
最後に買った J-POP の CD は ―― たしか平井堅の『POP STAR』。カラオケの練習用。

で、この CD には 22nd シングル選抜総選挙投票権が。

投票

投票してきた( ^ω^)
1 人で 100 票 200 票持ってる、TO とか呼ばれる人らに比べればわしの 1 票なぞ吹けば飛ぶようなものだろうけどね!

この曲が主題歌となってる 06/04 sat 公開の映画版『もしドラ』。
アニメ版見てだいたいどんな話かは理解。ならもう見なくて良いんじゃないか、と思うも。
……野球映画大好きなんスよねー。『瀬戸内少年野球団』『プリティ・リーグ』『フィールド・オブ・ドリームス』『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』『メジャーリーグ』『ピーナッツ』。“ちゃんと”野球やってるシーンに期待して見にいくと思われます。タダ券で。タダ券なら大ハズレだったとしても「まぁタダだし」で諦めつくし。

それにしても野球映画には名作感動作多いのに、サッカーは……。
前作の興行成績不振で劇場公開されず DVD でのみリリースされた上ストーリーもめちゃくちゃな『GOAL! 3』 とか……。サンティってアメリカ、じゃなきゃメキシコ代表じゃないの……?
まともに見れたの『勝利への脱出』くらい。
か、『少林サッカー』。

ほか見たい映画。『八日目の蝉』『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』『アジャストメント』『マイ・バック・ページ』『プリンセス トヨトミ』、06/24 fri から“何の映画なのかサッパリわかんない”『SUPER 8』。06/01 wed の映画が 1,000 円の日は久しぶりのハシゴになりそう。

タグ: , , , , , ,

TV アニメ『もしドラ』のネタバレを含みます。

録画しておいたアニメ版『もしドラ』全 10 話を一気に視聴。
感想。「ああこんな話なのね」。つまり原作読んでないんですが。
コレも一瞬で気にならず。というか ―― 野球場とか野球道具とか野球やってる絵とか、とにかく全体的におかしいのでそのくらいどうでも良いです。野球をメインにして見る作品ではないですな。

その点映画なら少なくとも本物のグラウンド上で役者さんが実際にグローブはめて演技してるところを撮ってると思われるので、野球が見たいのならそちらのほうが良いでしょう。

メインは野球じゃなくて人死に。ここではエンターテインメントとしてのメイン。
高校野球モノって人が死ぬとか知り合いの女性が乱暴されるとか暗い話割と多いんですが、その伝統に連なるいち作品。高校生女子が学者先生の小難しい本に感化されマネージャーとして野球部を改革しました……でもそんなんで野球強くなるわけねーだろw と言うごく自然な、誰もが持つのではないかと思われる感想を人死にのお涙頂戴で強引に流し去った感があります。書評も野球をある程度しか知らない人やエンターテインメント慣れしてない(例えば娯楽小説等あまり読まない)層にはおおむね好評だけど、野球知ってる・エンターテインメント慣れしてる層には不評。はっきりと分かれてるように見受けられますね。

ストーリーラインは「高校生自らが目標を設定し、その目標を達成するにはどうしたらよいか真剣に考え実践するようになった結果、全国大会に出場できるほど強くなったよ!」という王道中の王道。
そのリファレンスとしてドラッカーの本が使われているのだけど ―― 全編、高校部活動に於ける既存の価値観をドラッカーの本に掲載されてる言葉で難しく言い換えただけのように聞こえます。部活に於ける顧客は誰か = そりゃ自分でしょ。顧客に感動を与えること = いや試合に勝ちゃ感動するっしょ普通に。マーケティング = 各々の目標を聞き、部全体としてどこを目指すかって話は良くやること。トップマネジメント = 単なる役割分担。
まあ高校生に自ら考えさせることが出来た、というところは評価。なぜそうさせることが出来たのか、なぜ取り扱いの難しい(女に上に立たれることを非常に嫌う)男子高校生が主人公の考えを受け入れるようになったのか、については(アニメでは)語られないけど。あんなウザいのが来たらわし練習行かない。

マネジャーの仕事は成果を出すことだと言う。
端折れば「結果こそが全て」となる。
「過程を認めてあげて」と言う親友の言葉に主人公も反駁してる。
でもそれは高校生の健全育成を謳う部活動として、ちょっとどうか。
読者や視聴者に間違った価値観を与えないか。
ドラッカーの本を扱うにあたり問題となるであろうこの部分をうまくストーリーに絡め、そして曖昧にしてしまったのは著者の腕か。

あと決勝戦 9 回裏ランナー 1・2 塁で、逆転のランナーである 1 塁走者に代走として 7 番送って、その選手のリードがやたらと大きかったんですが(応援団も歩数カウントしてた) ―― あれはどういう作戦だったのかしら。2 塁埋まってるから盗塁の心配はないし、ダブルスチールなら「2 塁走者も走ります警戒して下さい」と言ってるようなものだし。外野に飛べば 4 ついくぞ、というアピールにしても牽制死の危険性を考えればセーフティに行くべきじゃ?
それからゆうのうすけは外しましょうよ。

まとめ。
あまり面白くありませんでした。★★☆☆☆ くらい。

タグ: , , ,