FFXIV

[FFXIV] タグの付けられたポストを一覧表示中です。

ちょっと空いた時間にギルドリーヴ数枚、で幻術が 20 になりました。
ここは本当に評価する部分です。
これに Rest Bonus が乗っかればもう最高です。
神符がそれに相当するのかもだけどこれリージョナルリーヴ限定だし。

さて 20 になるとクラスクエストがオファー。これ以降グリダニア碩老樹瞑想窟・幻術士ギルドの一員となります。
ところで「碩老樹瞑想窟」って Wiki とかには「けんろうじゅめいそうくつ」と振り仮名振ってあるけど、「碩」って「けん」と読むっけ? もしくはゲーム内にそう書かれてる? ずっと「せきろうじゅめいそうくつ」と読んでましたが。
前世界設定担当者の“趣味” ―― パルスのファルシのルシ云々の漢字バージョン ―― はこうして今なお我々を苦しめ続けるのです。横浜モバゲーベイスターズ get おめでとうございます。個人的には「ベイスターズ」の方を何とかして欲しいんですが。……もう「横浜モバゲーロワイヤルズ」で良いんじゃないかな! 「ロビンス」にも音が近いし。

幻術士クラスクエスト『木霊が務め』は楽勝クリア。報酬の 20,000 ギルがたまらなく嬉しいです。なけなしのお金はたいて定価でコットンシェパードチュニック買ったらウルダハのサブクエストの報酬として貰えたり、むしろそれよりナイスなコットンタバードもあったり。こんなんばっかでギルがなかなか貯まらないのれす。

ギルドリーヴではたいてい、敵 2 - 3 体がセットで襲ってきます。
しかしこのゲーム、クラウドコントロール要素(ほぼ)皆無です。
リポーズの効果はバインドだし。そもそもバインドしてもそっからがんがん遠隔攻撃してくるし。スリプルは lv.32 だし。
パッチ 1.20 でクラウドコントロールまわりに手が入るらしいですが、まずこの理不尽な遠隔攻撃をなくさない限りどうにもならんように思えます。
ともあれそんななので、毎度複数からボコられつつ、魔法を集中させて 1 体ずつ地道に倒してたんでありますが。

範囲……?

ちょっと待って! 今何か見えたよ!
範囲魔法……ですと……?
え、もしかして“じゅうよん”の魔法って単体 / 範囲自分で決められるの……?
範囲版はケアルガとかファイガとか別の魔法じゃなくて?
……するってーと何かい? 今までちまちまちまちま 1 体ずつ倒してたけど、ギルドリーヴでは大抵同格か格下相手だし、範囲化して一気に倒せば良かったって事なのかい……?
…………。

時間返してっ!

範囲化するとめっちゃ早く終わるじゃん……。

タグ: ,

幻術の lv. が 18 になったので次のメインクエストを受けるべくウルダハへ。
もちろんお金ないので歩きです歩き。ララフェルの走りモーションはこのゲームで許せないものベスト 3 に入るほど許せないのでマジで歩きです。実に健康的です。
あと 2 つは Map と硬質なサウンドです。

グリダニアを出発して南下 → キャンプ・ベントブランチ → ついでにタムタラの墓所のゲートを開通しようかと思ったら Mickey で来たときは確か居なかった(と思う)プリンがどーん。…… FFXI では視覚・アビ感知だけどこっちではどうかわかんなかったので諦めてさらに南下。

バスカロン監視所

簡易施設、バスカロン監視所に到達。

グリダニアの幹線のひとつ、ランバーライン上に設置された監視用の小屋。哨兵を司るバスカロン家が常駐する習わしで、街道を見守りながら、代々自給自足の生活を続けている。

キノコとか栽培してましたな。
雨の中ご苦労様でございます。

さらに南下してキャンプ・トランキル。新生で破棄されるとなるとこの薄暗い迷路の森もどこか味わい深く感じられます。んで、エリアチェンジしてザナラーン IN 。のちキャンプ・ドライボーン → キャンプ・ブラックブラッシュ、と順繰りに廻ってさあウルダハだ! って時にー。

1日1回はこうなる

ログイン毎必ず 1 回はこのエラーを食らって落とされるんですが、これはこちらの環境の問題か、いわゆるひとつの「サーバーガー」なのか。
あと未だにギルドリーヴ中の回線断は失敗扱いなのね。

lv.18 のメインクエストの主目的は相棒選び。
こっちキャスターだし同族の剣術士くん(♂)を選択。

目つき悪ぃ……

しかし目つき悪い。どうしたものか。

せっかくウルダハに滞在しているのだし、サブクエストをいくつか。
……そうだよ、これが MMO だよ……!
あちこちでサブクエストやってみて判ったんですが、世界観・帝国・第七霊災に絡めて作ってるんですな。取りあえずお使い入れとけ、ってんじゃなくて。思いのほか丁寧に作ってあって吃驚。

そのうち『お客様は老ゴブリン』をクリアし、どうやらわしも使い込んだ武具をマテリア化することが可能となりました。順調に成長しております。

……とまあ、本腰入れてネトゲをプレイするようになるとこう言うよくあるネトゲ日記になってしまうわけですが。

タグ: ,

パッチ 1.19 で入った三都市間飛空艇。
しかし運賃 2,500 ギルとか駆け出しの冒険者にそうそう払える額ではなく。

憧れ

なのでギルドリーヴを発行のたび旅館の外でさっそうと飛び立っていく飛空艇を見てたら ―― 可愛そうに思ったのかミューヌさん(エレゼン女性)がリムサ・ロミンサ出張のシゴトを仕入れてきてくれまして! しかも『飛空便優待券(グリダニア/リムサ・ロミンサ)』付き! つまり「乗ってみなさいよ」ってことです! ……ミューヌさんはきっとわしに気があるね!

リムサ到着

そんなわけで初飛空艇! 一瞬!
しかしまあ随分と小さくてオープンな作りなんですな。
これじゃ実際に PC 乗れるようにしたらすし詰めになっちゃいそう。

観光

リムサ・ロミンサも(Meow では)初。
さっそく観光。
こいつは FFXI に於ける強制改名ですっかりひねくれてしまったのでかわいいエモとかしません。写真は撮るけど。

ケアルとストンスキンの為に上げ始めた幻術だけど思いのほか扱いやすかったのでこのままメインで続けることに。

もっと魔法使いらしく

しかし何というか見た目が“魔法使い”っぽくありません。
ちゃんとしたローブを着せたいけど、どこに売ってるのか判らないー。
グリダニアの市場に行ったけどぽつぽつとしかリテイナー居ないし。

Meow Lacruz のヒストリー

イフリートと戦えるようになるのはいつの日か。

タグ: ,