映画『アイ・アム・ナンバー 4』の
ネタバレを含みます。

えいがー。

アイ・アム・ナンバー 4 [★★☆☆☆]

見終わった直後の感想:高校生にしてはみんな老けてね?

予告編の知識だけで超能力アクションなのか、と思ってたら全く違いました。
いやまさか高校生の青春モノだとは。
しかも設定が「今時そこまでベタにしないだろ」って位ベタ。敵 = モガドリアンに追われてて目立っちゃいけないのに正義感の強い転校生 = 主人公。いじめっ子はアメフト部のエース。その親父は地元警察の多分偉い人。いじめられっ子は気弱な UFO オタ。主人公が好きになる女の子はいじめっ子の元カノ。しかもいじめっ子は当然のように元カノをまだ好いている。これだけ書けばどんなお話かお分かり頂けると思います。……そう、あなたがいま頭の中で描いた通りの話です。
そこに主人公のちょっと変わった設定が絡んで物語が構築。
75% ベタな高校生活、15% アクション、10% その他。
調べたところ全 6 巻作品の 1 巻部分みたい。なもんだから伏線は回収されてないし、仲間も No.6 が join しただけ。実に消化不良。

ジョンをおびき出す作戦のあまりの稚拙さ。
あの 2 人だけでやったのだとしたら連れ去られる守護者がヘボいし、モガドリアンがやったのなら必ず来るんだからそこに居ればいいじゃんね。
モガドリアンにも全く怖さがない。ヘラヘラしてるし。No.3 は有無を言わさずに殺したのに No.4 に対してはなんかうだうだ喋っており。

ナンバー 4 の能力が 1 作目からチート。思い出しただけでも 7 つ。懐中電灯、すごい力、すごいジャンプ力、着地の衝撃の吸収(重力操作か?)、レーザー、シールド、サイコキネシス、ヒーリング(もしくはブースト)。この分だと何でも出来そう。……何でも出来そうだからこの先どんな危機的状況が訪れても「どうせ何とか出来るんでしょ?」となってしまいます。こう言う話では特定の力に限定させないと。こちらもアタマ使って切り抜けようとする主人公に感情移入するわけで。まあナンバー 4 とナンバー 9 は特別だって言ってたけど。
そういう意味で主人公に全く魅力なし。
その点、出来ることが限られてる No.6 の女の子はカッコよかったですな。

ビーグル犬かわいい。
守護者がこの子のこと知らないっておかしいけど。

タグ: ,

[XIV] パッチ1.18

1.18 パッチノート

予定通りえぷえぷじゅうよんがアップデート。
内容盛りだくさん。

○ターゲットカーソルの表示場所が選択可能となった。

わし的に一番のアップデートはこれ。

頭上ターゲットカーソル

デザインもうちょっと何とかならなかったのか、とは思うけど。
なんていうかこのカーソル、「ほら今タゲってんのこいつっスよ、こいつ!」的な主張が薄いよね。形状からしてお高くとまってる。「この下にいるのがターゲットです。あとのことは私は関知致しません」風。

上すぎ

あと、予想できたことだけど、サブクエスト持ちの NPC タゲるとターゲットカーソルがこんな上に。これは直感的じゃないので各項目間を詰めて戴きたいです。特に本人と名前の間。もしくはサブクエアイコン上書き。

○オートアタックが実装された。

ルガディンの方は生涯採掘師なので、オートアタックを試すべく ――

Meowさん

FFXI で強制リネームを経験しすっかり荒んでしまった Meow さんを投入。
……ふむ、たしかにオートアタックですね。当たり前ですが。
しかし、それだけです。今のところ。
キャラもモンスも動きまくりでせわしない、モーションに重力を感じない、HP ゲージの増減とモーションが全く噛み合ってない、等の問題はそのまんま。相変わらず軽い戦闘です。進行中だというサーバー・クライアントの再設計が済めばこの辺も直るのかしら。
まあ、アクションゲージが廃止されボタン連打から解放された事だけ今は喜んでおきましょう。

○フィールドの比較的低い段差のコリジョンが廃止された。
段差

こんな段差も楽々駆け登れるようになってましたな。
これより前のパッチでもコリジョンは修正されてたし、その時に既にこうなってたかもしれませんが。

○簡易施設が追加された。

ちょうどログインしたらドライボーンだったのでハラタリ西の 『8 号霊銀試掘場』へ。

8号霊銀試掘場

NPC が 4 人ほど。そんだけ。
調べたところどうやらサブクエストの目的地だそうで、それをクリアすれば吉 P 曰くの「便利」になるのでしょう。と言うことでサブクエ受けにウルダハにテレポしたらサーバーエラー。そのまま戻れず。
この日のじゅうよんは終了と相成りました。

タグ: ,

映画『アンダルシア 女神の報復』の
ネタバレを含みます。

台風は去ったみたいだし、久しぶりに映画館。
さすが夏休み、お子さまの団体多いぜ……。
ポケモンか、ポケモンなんか!
わしもポケモン見たい;;

アンダルシア 女神の報復 [★★★☆☆]

前作と比較して、ですが ―― 脚本は随分マシに思えましたな。
少なくとも、何も考えず流して見る限り、それほど違和感は感じないかと。「なんで?」となる箇所は各役者さんのお芝居で巧くごまかしてる。というか、誤魔化すために良い(高い)役者さんが必要だった、という事かも。つたない脚本をカバーする演出(とカネの)力は実に素晴らしい。

脚本ですが、全てがダメかと言うとそうではなく、冒頭と大オチはとても良い作り。……肝心要のサスペンスの部分がダメなだけで。
アンダルシアと銘打っておいてアンダルシアほとんど関係ない(計 15 分も映ってなくね?)のはこのシリーズの伝統だと思うことにします。続編あるのかは知りません。

川島の死の意味が判らない。
この人アンドラに何しに来たの? 抗議じゃないの? なんでそうなるの? つか出所を絞りにくくするため洗浄先は分散させるのがそういうのの常套じゃない? 一ヶ所トラブったくらいでムキーってなるって。どんだけ決め撃ちしてんの。
通訳だと言う新藤(黒木メイサ)の行動も同様。特に PC 絡み。PC にそれらが残ってる位で顔真っ青になっちゃうほど稚拙? なんでその場で?

あと有名所を揃えた弊害として、事件の黒幕である人物を純粋な“悪”として描けない。強引にお涙頂戴劇に持って行こうとしてる。黒幕による被害は相当数・額に及ぶだろうのに、幼い頃の体験を引っ張り出してきて「実はこんなことがあったからノーカンだ!」と。いやそんなこと言われましても。
動機やサブタイトルも無理矢理。言い訳にもなってない、言いがかりレベル。
そもそもこの黒幕、別荘に突入されたら“最もこの情報をリークする可能性のある人物”として身元バラされてアウトだよね。これでなぜバレないと思えるのか。序盤の手際の悪さから考えてそれほど頭の良い人物ではないのかも。
とまあ、“黒幕の描き方を致命的に間違ってる”のが今作の最大の失敗だと思います。もう色々台無しです。

個人的、あのシーンでエンドロール、だったら★ 4 つあげても良かったんですが。
全く予想通りで驚きもなかったですね。
アクションシーンがショボいのは、まあ、織田さんももう 40 半ばに差し掛かってるし、衝突・爆発で派手にしようにも違うところにカネ使いすぎたってことで。

タグ: ,