[XIV] 『たちこま』とり

このひはふりーかんぱにーのみんなといっしょに『きどうれいしき 4 そう』へ『たちこま』をげっとしにいきました。

170604_03_play

“ひかりのせんしぜったいころすまん”さんが「なんばーわんのくそぎみっく」だといっていた『すちーむじゃっじ』もちゃんとしょりできました。せんせいじゅつしさんのえるびー 3 の『せいてんかいもん』はとてもきれいだなあ。

170604_05_play

ぶつかるのがはやすぎるとだめみたいです。
じかんはあるので、わいたあと“はね”みたいなわっかがいっかいひらききるのをまって、さらにそこからしんこきゅうをひとつして、すぷりんと、でちょうどいいとおもいます。
あと、うえのうえのじふはさいしょのとうばつのものです。しゅうかいしてなれたあとは。

170604_04_play

でぃーぴーえす 4 にんのえるびー 3 のとりあいでした。
えるびー 3 でたおしちゃうとあんてんがはいるのでいまいちです。きゃすとのじかんもかんがえて、もっとはやくにうたないといけないな、とはんせいしました。
ところで、どうしてれんじのえるびーにはあおいろのはんいひょうじがないのかなあ? ほかのひとにはみえるんだけど。『ぐれん』でじぶんにもついてくれるといいなあ。

170604_02_play

どかーん。
『ぶらんく』をいれるためにいっかいちかづくのも、『ぐれん』からはやらなくてよくなります。いりょくがなくなったのでくろすほっとばーのおくそこにしまいこむことになります。
あいでぃーで、たんくさんがまとめそこなったてきをたんくさんのところにふっとばす、くらいしかつかいみちがありません。

170604_01_play

さいしょのとうばつじに 98 だして、『たちこま』とれました。

170604_06

ずっと『たちこま』がせいしきめいしょうだとおもってましたがほんとうは『ごぶりうぉーかー』でした。

まだもってなくて、『ぐれん』まえでとてもとてもひましてるみんなもとりにいくといいとおもいます。

タグ: