[XIV] チョコボレジデンス

170313_02

ねぎまハウス外装をチョコボ・レジデンスウォールに変更。と同時に「そういう風に作られてない」ため、前のモグモグ・レジデンスウォール 700 万は電子の海に消えていきました。
いやもうごっついルガディンが 1 人で暮らす家とはとても思えぬほどファンシー! ですね! てことで今後このギャップで売っていきたいと思います。エタバン相手募集中。
しかしどんな外装もラベンダーベッドは静かに受け入れてくれます。実に懐が深い。なお Fenrir ラベンダー 4 区にはレストラン 2 マーチャント 3 モグ 2 チョコボ 2 パイッサ 2 と揃っております。

外装を変えたら屋根エレベーター調整。

170313_03_play

なぜこういうことになるのか。エオルゼアは不思議でイッパイです。

シロガネ実装前だし出来るだけ安くあげるべく、作れるものは自分で素材集めて作ろう! と思うも ―― そもそも製作に必要な秘伝書を get してなくてまずそっからだったり。んでレシピ覚えたはいいけど今度は作業・加工精度足りず座れないアイテムが、でガーロンド・クラフター一式購入しなきゃなんなくなったり。さらにはまーたいつもの「うがああああこんなんちまちまやってられっか!」病が発症、1 本 9 万のアストラルバーチ材をマケボ買いしてしまうなど。……結局 380 万かかりました。「安くあげる」とは何だったのか。でもほらいつも言うけどギル持ってる人が使わないとエオルゼア経済上向かないしね!
……次に作るののワさんの家用のパイッサ・ハウスウォールはマケボ買いナシでいきます。ぜったい。こんどこそ。

で、素材は揃えたものの深夜で FC にはわし 1 人。とサブアカののワさん。
なので「作業開始から 20 分前後拘束、報酬 10 万(移動にかかるギル込み)」と言う契約でクラフターさん 2 名を PT 募集。5 分で埋まりました。あざっす。

わし、見ず知らずの誰かに何らかのヘルプをお願いするとき、まず予想される拘束時間を書きます。手伝う側にとって「どのくらい拘束されるのか」が一番重要だと思うんですよね。XIV は基本インスタンスでコンテンツ占有時間が設定されてるので、コンテンツ攻略のヘルプであれば省略出来ますが。
昔の MMO はそうじゃなかった。FFXI の石碑巡りとか大変でした。全員予習完璧なら 1 時間で終わるけど、そうじゃない場合余裕で 3 時間以上かかったりしたもので。……さすがに 3 時間拘束はキツい。これでは手伝う側も躊躇するであろうと。てことで先に拘束時間を書くようになった次第。拘束時間超えたらデジョンして帰って戴いて OK ですという契約。

あとわしにとって、手伝いをお願いする = 当然有償。
でも MMO の一般常識的にはそうじゃないのが未だにモヤモヤします。
PT 募集に溢れかえる「お手伝いお願いします」がどうにも。こうにも。いやそれだけで埋まるのであればそりゃ素晴らしい世界だなとは思うけど。うーん。
だって相手の貴重な時間をこっちの都合で拝借するわけで。「ありがとう^^」だけで済む問題かと。最低、その時間金策していれば得られたであろうゲーム内通貨を支払うのが筋というものではないか (゚Д゚) ついでに後腐れも無かろうしね。「w」が気に入らないとか、感謝の気持ちが足りないとかさ……。
てことでわしの 20 分 = 10 万。

今後もあれやこれやギルでカタを付けていく所存ですので Fenrir ワールドの皆様に於きましてはよろしくお願いします。

© 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

タグ: