[XIV] 永遠の23歳

4757551452 Encyclopaedia Eorzea ~The World of FINAL FANTASY XIV
価格:¥4,320 (2016-12-31 時点)
販売:sqex | 発売日:2016/12/26

こちら届いてました。早速読み。
もうたくさんツイート等されてるとおり、設定好きにはたまらない大満足クオリティです。装丁もカッコイイし重い。なので“寝ながら”用途には適しません。机で静かに読みましょう。でないとミアズマバースト食らいます。
本文は全編メタ解説テキストではなく(一部あり)、もちろん事実は事実として書かれてますが、そのほかよく判っていない事柄については「あくまでエオルゼアではこう考えられてますよ」と。
旧から 3.4 までの光の戦士が関わってきた事件・戦いについても第三者目線でテキストに起こされててシナリオの復習にも最適。

以下、いくつか個人的に興味を惹かれた箇所。

霊災の順序は風(神さまの乱痴気騒ぎ)雷火土(アラグ)氷水(マハ)霊 → 星。
クェーサルは女性。アークは試験航海中に妖魔の暴走によりヴォイドアーク化。んで彼女の SS もあるんだけど ―― これは次の話で出てきそうですね。
ササモは 200 年ほど前のウルダハ第二王女でクーデター起こして失敗したひと。八十階段は 80 日間 1 日 80 往復させたという懲罰に由来。
イダには姉か妹が居る。あっ……。
タタルさんじゅうななさい、実はまだ 21 歳だった。
シュトラの年齢は永遠の 23 歳だけど妹ミトラは 26 歳。あれれ~?
クルルパイセンのネコ耳フードは言葉の壁を越える力を持った彼女にガラフが「異能は個性であり恐れるものではない」と教えるため贈ったもの。ええ話や……! ちなみに 22 歳。
カヌ・エさま角尊だけどまだ若かった。28 歳。
双剣士ギルド・ジャックの過去がかなり悲惨。ヤミセン・アルバートくんも悲惨。
ヒルディはダラガブに異常接近した際、テンパード保存装置により時間凍結状態になっていたのだ! なので 5 年前と同じく 23 歳のまま! ……いやそんな真顔で書かれても。
シドゥルグの目つきが最近一段と悪くなったのはリエルが反抗期だったり嫁に行ったりすると言う悪夢を見てるからだそうで。
エッダちゃん 16 歳。そして「享年」が付いてない。まさか……。
リヌバリの年齢は「昇りゆく太陽のような年頃」。お、おう……。
七大天竜、残りは星竜ヴリトラと月竜アジュタヤ。
イクサリオンが配備されていたのは女将軍ガルダが率いたガルダ空挺師団。
セズル・トトロックは 15 の夜盗んだ気球で飛び立とうとしたところデズル・クワランに捕まってボコボコにシバかれた。

この日はずっと XIV フォーラムのレベルアップアイテムについてスレを見てました。何本か投稿も。
世界的に見ると MMO = 既に死んだジャンル。FFXIV もいつ突然死するかわからない。バトルを楽しめる人だけに訴求してたんじゃそのうち立ちゆかなくなるのは必定。例)格闘ゲーム。なのでいま生活系の要素をゆるく楽しんでる人とか、単にフレと遊びたいだけの人とか、他ネトゲからの短期的流入を期待してポーション販売はやるべき。で、賛成。
ある意味、ポーションは別軸のお客様向けのアイテムなんですよね。
たとえが適切かどうかは判りませんが、我々はガチでボクシングやってるひと、カミサマが主にポーションを売りたいと思ってるのはダイエット目的でボクシングやろうとしてるひと。そりゃ好きになってくれれば嬉しいしそういう努力もするけど半年居てくれりゃいいかな的な。そんな感じ。

想定デメリット。

・既存プレイヤーと新規プレイヤーのプレイスキル格差
・お金で体験や経験を買われたような感覚になる

プレイスキル格差は総ミッドコア化計画に期待するしかない。
「お金で体験や経験~」は ―― そもそも彼らはダイエット目的だし。

スレの雰囲気としては、実装前提として、いまは価格が適正かどうか。
中韓版は月額ないからあの価格であって、グローバル版は 1,500 円 くらいに落ち着くと予想。

タグ: ,