[Win10] AnniversaryUpdate後のフリーズ

10 日水曜日、Windows Update 後の再起動処理中にフリーズ → Windows 10 再インストール。
まさか購入ひと月でこういうことになるとは思っておらず、USB 回復ドライブこそ作ったものの、肝心要のシステムイメージまだ作ってなかったんですよね……。カスタマイズの途中だってんで。ディフェンス甘かったス。反省。

で、この日復旧完了。ヤレヤレ。
もちろん同じ過ちは繰り返せません。システムイメージ、Win10 再インストール直後のまっさらなやつと、色々インストールしてごりごりカスタマイズしたあとのやつ、の 2 つ作っておきました。
これで何かあったとき、USB 回復ドライブから起動してシステムイメージを C と D にまるっと上書き、で過去にタイムリープできます。HDD その他、物理的な損傷によるトラブルでない限り。詳しいやり方はググってください。
いやまじでいつ何が起こるか判らないんで、リカバリ用メディア(USB 回復ドライブ / システム修復ディスク)とディスクイメージは常に確保しておきましょう。なおリカバリ用メディアは Windows のバージョンによって何が作れるのか変わってきますのでその辺もググってください。簡単に書くと 8.1 と 10 は USB 回復ドライブ、7 と 10 はシステム修復ディスク。10 であればどっちも作れる模様。

さてタイムリープの手段も得たことだし、何が原因か探っていきましょう。
改めて『更新とセキュリティ』 →『Windows Update』かけてみたところ ――

Windows 10、バージョン 1607 の機能更新プログラム。

こういうのが出てきました。
これより前のアップデートは適用済みで、トラブルは起きていません。
ので多分コイツが悪さをしてる。
試しにダウンロード → 適用してみたところ、やっぱり起動しなくなりました。はいはいタイムリープ。

この『バージョン 1607』とやらを入れてしまうとバッドエンド確定と判りました。
コイツを適用してはいけない。
けど Windows 10 の Home エディション、マイクロソフト何をトチ狂ったのか、“Windows Update 強制”です。ユーザーが適用しない更新を自身で選ぶとか、そもそもアップデートしないとか、そう言った UI は一切用意されてません。Windows Update の妖精さんに「あ! 『バージョン 1607』まだ入れてない!」と気付かれた時点でアウトです。DL → 適用プロセスは既に始まってます。こうなってしまった場合、我々に出来るのは再起動の時間を遅らせることだけです! つってやり方は色々ありますが。サービスを停止する、ファイアウォールで Windows Update のサーバーに接続させない、等。わしはサービス停止でなんとか。Windows 10 の Pro にはこういったことを管理するソフトが同梱されてるのに。
Home = 情弱なんだから黙って俺らの言うこと聞いときゃいいんだよボケ、という事でしょう。マイクロソフトこわい;;

でも『バージョン 1607』入れると 100% フリーズすんだよボケ (#^ω^)
そのたびに 3 時間かけてタイムリープしろってか? ふざけんな。
さあこういうときどーすんの? 何も出来ないんだけど? なあマイクロソフトさんよォ!

その後、マイクロソフトも不具合を認めました。

​Anniversary Update のインストール後、Windows 10 がフリーズする場合があります - マイクロソフト コミュニティ

少数ではありますが、ソリッドステートドライブ (SSD) にシステムを置いていて、アプリやデータを別のドライブに保存している環境で、Anniversary Update インストール後に Windows 10 がフリーズする

まさに弊社の環境ですね。Anniversary Update = 『バージョン 1607』。
対処法書かれてるけど、再起動中にフリーズするので「以前のビルドに戻す」とか「セーフモード」とか不可能なんですがそれは。あ、回復ドライブ使えば行けるか。
とりあえずなんとかしてくれるそうなのでこのまま Windows Update サービス停止して待ちましょう。

タグ: