[蹴] 自分たちのサッカー

ワールドカップに於ける日本の初戦でした。
結果は既にご存じの通り CIV 2:1 JPN の敗戦 (´・ω・`) しかも逆転されて。
前半早い時間に先制したまでは良かったんですけどね。しかし最近の日本代表は「先制されて追いつく、もしくは逆転」というお祭り試合ばっかやってました。監督含め、先制した試合の進め方に慣れてなかった気がします。

いや慣れてないというか ―― 今の日本代表はどういう展開になろうと攻めるしかない。攻め続けるしかない。だって基本(個では)守れない。なのに「ワールドカップの」「初戦で」「先制」してしまった。……守れば勝てるんじゃないか、と思っちゃいますわな。日本人だし。実際 4 年前勝ってるんだし。
それでボールを持ってる選手を追わなくなってしまった。雨だし、暑いし、追うと疲れて体力持たないし、チャレンジして躱されたらヤバイし、と多分色々な理由で。
日本代表の何が他国に嫌がられるかって 90 分間追い回されるところ。「自分たちのサッカー」を支えるのは相手ゴールに近い位置でのボール奪取なのに、それが全く出来なかった。やろうとして出来なかったのなら諦めもつくけど単にやらなかった。「自分たちのサッカー」どこ行ったん? という感想しか出てきません。

「自分たちのサッカーをすれば勝てる」と監督も選手も言ってましたが、それをしなかった選手の責任であるし、出来ない・させて貰えない時のプラン B を明確に用意していなかった監督の責任でもあるし(用意してたら終盤のポジションの混乱なんかない)、応援足りなかった我々のせいでもあります。
しかしあと 2 試合もあります。その 2 試合とも勝てば良いのです。そんだけです。そうたいした問題ではありません。切り替えて参りましょう。

その他の試合。

やっぱ Spain 1:5 Netherlands が衝撃でした (゚Д゚)
スペインが初戦に弱いのはいつものことなんですけど、それにしたって 5 失点。しかもうち 3 点はキャプテン聖カシージャスのミス(1 点目 2 点目は仕方ないとして、それ以降は彼の責任だと思います)。スペインはパスを引っかけられてのショートカウンターも良く浴びるけどそこを彼のスーパーな守備力で凌いできたのに。……やはり試合勘の問題じゃなかろうか。
さて監督どうするのか。でもデル・ボスケさんだしなー! ここでキーパー変えるくらいならカシージャスと心中する気かも。

England 1:2 Italy も面白かったスねー。やーもーピルロのパスの精度の高さ! もはや芸術! ……ピルロのプレーを見たあと日本代表戦を見るとなんだか悲しい気持ちになります。
そんでスタイル攻撃的になっただの何のかんの言ってもイタリアは守備の国。重要な試合で、強豪国相手にしてて、リードして、そんで 80 分超えたらそりゃ守ってきますよね。これぞプラン B 。
あとルーニー → スタリッジで同点にしたあと誰か倒れてる絵が映って。実況でも「イングランドの選手ですね……」って言ってたからうっわ誰か選手が痛んだん !? とハラハラしてたら見知らぬおっさんが担架で運ばれてって。

イングランドに激震!? 担架で運ばれたコーチが緊急帰国 | ゲキサカ[講談社]

笑っちゃいけないんだけど……!

ここまで同点がないというのも今大会の面白いところ(※ 16 日の Iran - Nigeria が 0-0 でした)。点の取り合いはやっぱ盛り上がりますな。まだまだ始まったばかり、いい試合をたくさん見せて戴きたい。

タグ: