[蹴] 「彼らのサッカー」

JPN 1:4 COL (´・ω・`)
日本代表は GL 最下位でブラジルを去ることになりました。

(1) 初戦に負けてプランが崩れ、そこから立て直すことが遂に出来なかった。監督の(色々な意味での)力量不足と、日本人のネガティブな国民性、その両面で。
(2) スペインになろうとして 4 年間がんばって来たけど、もうそのサッカーは“時代遅れ”だった。
(3) 中心選手の不調。

こんなところじゃないかな、と思います。
決定力不足だの守備力不足だのは最初から判ってたこと。
って書いたけど、決定力不足でしかも守備力不足。それ単に「弱い」って事だよね……。自分でちょっと愕然としました。

感情にまかせて書かせて戴けるのなら「守らないからだよ!」ってなるんですが。わし、ずっと「日本は世界を相手にしたときまず守りから入らないと勝てないし、守らせれば世界屈指のチームになり得る」と言ってます。これからも言い続けます。
要するに格下のサッカーですが、世界から見たらその通り格下、“年の離れた兄たちのマネをしたがるカワイイ弟”なんだから仕方がない。ずっと「カワイイなあ^^」と思わたいのならその時々の流行りのサッカーやってりゃいいと思うけど。

(1) 。ザッケローニ監督は“いい人”過ぎたんだと思います。JFA やスポンサー、そして我々に配慮した選手招集や起用が目立ちました。細貝選手じゃなくて清武選手、とか。いや清武さんが悪いって言うのじゃなくて。あと明らかに不調の本田選手や香川選手を外せなかったりとか。
そんな風に配慮を続けた結果、緊急事態への対応が難しくなっていった。そうして運悪くその緊急事態が本番で、しかも連続で訪れてしまった。1 戦目は「自分たちのサッカー」を選手達が放棄したこと、2 戦目は引いた相手を強引にこじ開けねばならなくなったこと。慌ててベンチを見てもその事態に対応できる駒は存在しない。そう言う意味では不運。
2002 年のトルシエ氏は事ある毎に協会やマスコミと火花を散らし自分のチームを構築した。2010 年の岡田氏は直前で戦術をがらりと変えた。ついでに 1998 年フランス大会ではキング・カズを切った! そこまでやれる人じゃないと代表監督は務まらない。
しかし JFA は 2002 年時の経験から、必要以上に波風立てない人を監督に、ってなってる気がしますな。出来るだけ我の弱い人を、と。配慮してくれる人をと。日本サッカーの未来のために!
おそらくザッケローニ監督は辞任するでしょうけど(※のち、正式に退任を発表)、次はもー我の強い、己の戦術にガッチガチに選手をはめ込んでいくタイプの監督を個人的には希望します。
日本人には、まずカッチリとした枠・決まり事を与え、「その中でなら自由にしていいよ」という戦術が最も合ってると思います。むしろ自由なんてなくても良いくらいです。

けどそう言うサッカーは国民ウケがすこぶる悪い事も理解してます。
すこぶる悪いので ―― 国民が実力以上の夢を見ないよう、本田さんに対し「ビッグマウス禁止令」を出すのはどうか。
身の丈に合った盛り上がりをしようではありませんか。

(2) と (3) について。
そもそも監督・選手達が口にしていた「自分たちのサッカー」は、「日本のサッカー」なのか。たまたま調子の良い選手が居たから、その彼らが“やりやすいように”構築しただけのものではなかったか。
真に日本化されたサッカーなら、中心選手が不調であっても、緊急事態に陥っても、ある程度の「自分たちのサッカー」は出来るものではないか。それが出来ないのは根本的に間違っているからではないか。

今ブレたら 4 年間が台無しという気もするし、同じくらい再構築するなら今が最後のチャンスだいう気もするし。サッカー界がどちらを選ぶのかは現時点では判りませんし、どちらにしても応援しますが。
まず守れるチームになって欲しいな、とは思います。

さーあとは楽しむだけです。

タグ: