[XIV] タンスの中男物ばっか

FFXIV 。
引き続きハウジングエリア観光。

131220_01

グリダニアのラベンダーベッドにやってまいりました。
嗚呼 ―― 実に、実に癒されます……。

131220_04

壮大な滝をバックにしてカンパニーハウス建てられる 30 番地が良いなあ!
水の音うるさいだろうけど、でも FC ひみつ会議をやるとして、敵対 FC に買収されたメイドふっちが聞き耳を立てていないとも限りません。滝が防諜システムの役を担ってくれることでしょう。

131220_05

エリア内でチョコボも飼われています。

131220_03

ハウジングおじさんも居ます。

さて続いてリムサ・ロミンサのミスト・ヴィレッジ行こうと思ったんですけどねー。
リムサ・ロミンサのあるバイルブランド島へは陸路では行けません。フェリーか飛空艇かテレポか、要するに幾ばくかのギルが必要になってきます。必ず。橋 plz 。
……つい先日の“あの”土地代を見、わずかとはいえ自ら好んでギルを使おうと思うでしょうか? どの MMO であってもお金を貯めるコツは、まずお金を使わないことです。ウルダハ → ラベンダーベッド間も歩きました。そう、あの手この手でギルを吐き出させようとする神々の甘言に惑わされることなく、しつかりと地に足を付けて生きることが重要なのです。
現在地はグリダニア。こっから最も安くリムサ・ロミンサへ行くには ――

フェリー: 80 ギル
飛空艇: 120 ギル
テレポ: 400 ギルオーバー(※距離による)

デジョンでウルダハ戻る → ベスパーベイまで歩く → フェリー、となりました。
80G 。

131220_06

マメット・カーソル、キャラを指さしたまんまかと思いきや、上下動をひたすら繰り返すんですね。うわあ挙動不審。
そしてミスト・ヴィレッジ。

131220_02

ここは何と言っても砂浜があるってのが大きい!
さっそく水着姿になって一夏の(もう冬だ)アバンチュールを……! とアーマリーチェスト見たらそこにあるのは男用の水着でありまして。
あ、そうか……そりゃそうだよね……。

全 3 エリア見ましたが、この広さの map をインスタンス生成で 30 キャラ毎無数に、とかまあ普通に考えて無理ですよねー。なので FC 用と個人用はおそらく全く別物。土地 + 建物制として、DQX 並み 6-7 軒ほどのより狭い map が国毎にいくつか、となるんではないかしら。そしてサイズの方も現状の S サイズより一回り小さい SS が用意され、+ S と M 。個人で L は持てないようにする。
か、FFXI のモグハウス。どっかタゲって移動する。オフラインに近い環境にしてしまえば負荷も少ない。もしくはモグハウス的なものを用意しつつ、そのワンランク上の住まいとして土地 + 建物か。モグハウスは無料だけど一軒家に住みたいなら 100 万とか。これなら「今後公開される個人ハウジングシステムの価格は今回の価格より格段に安くなります」もウソではない。一番下のがタダだし。

なお個人用がモグハウス的なものであるとして、XIV まで来てあの白い物体に生殺与奪権を握られるのは NO THANK YOU でございますので好きな子をハウスキーパーとして雇えるようにお願いしますふっちとかキキルンとか。
むしろ蛮族クエで友好度 MAX になると彼らの集落にテントはって住めるとか。いやもうそれで良いです。ていうかもうハウジングで期待させないで! 思わせぶりな態度はやめて! 「レガシーの持ってるギルが憎くて憎くてたまらない」とはっきり言って! 言えば言うほど使わなくなるけどね。

あの価格設定はさすがにどの層にもインパクト大きかっただろうし、今後、個人用ハウジングの情報公開を前倒しするなどしてプレイヤーを宥めすかしていかねばなりませんが、吉 P 頑張って。

Copyright © 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

タグ: