[Film] 『るろうに剣心』の感想

映画『るろうに剣心』のネタバレを含みます。

暇だったので『るろうに剣心』見てきました。
ジャンプ連載時『るろ剣』そんな好きじゃなかったけど(『SLAM DUNK』のついでに読んでた程度)、人誅編の薫の“あの”シーンには「すげェ……」と思いました。本当にそうだったらもっと凄かったんですがさすがにそこは少年漫画か。

るろうに剣心 [★★☆☆☆]

途中で帰りそうでした。激しくおもんない (´・ω・`)
いや、ストーリーは(映画的に端折られてはいるものの)漫画とほぼ同じなんですよね。忠実に映像化してます。素晴らしい。登場人物の再現度もなかなか。恵さんはどうかと思わないでもないけど。

……なのに、面白くない。

多分、忠実に映像化しているからこそ、漫画にあって映画にないシーン、足りない部分に違和感を感じてしまったのではないか。
ぶちゃければコミカルなシーンがひとっつもない。剣心の股関節脱臼とか。薫と弥彦の「シメテヤル!」 → 「ヤッテミロ!」とか。とにかく全編シリアス。程よくユルいのが『るろうに剣心』の味だと思うのに。だからマジになったときの剣心が怖いんであって。

でも売り出し中の若手俳優に三枚目芝居とかさせらんないよねー。
女性を映画館に引っ張り込む事を優先すれば確かにこうなります。

で、上の通り、剣心組にコミカルな部分は皆無。常にマジ。
じゃあコミカルな部分はどこにいった? と思ったら武田観柳が全てを受け持っており。
剣心組が大マジなのに敵役である観柳フザけすぎ。
芝居のテンションがぜんぜん違う。方や正統派風時代劇、方やコメディ。
よって「何この茶番?」となります。
これは ―― さすがに脚本やり過ぎではなかろうか。(おそらく)剣心組からコミカルな部分を削り落としまくって心配になったのは判るけど。だからってねぇ。

あと、脚本の都合か、剣心が既に壊れかけなんですよね。全然笑わないし。
科白も総じて厭世的。神谷道場のシーンの科白全般、上から目線で溜め息交じりに喋ってる感がしてイラッとしたし。「甘っちょろい戯れ言のほうが好きでござるよ」も、いや本当に好きなの? 渋々言ってない? と。
加えて人斬り時代のシーン。ちょっとつっつけば倒れる、位にふらふらしながら斬ってて。あの頃は悩んではいたけど、それでも信念を持って剣を振るってたと思うのです。
逆に、あの壊れっぷりでよく今まで持ったわ。即自殺しそうだったのに。
剣心にはもっと威風堂々としてて欲しかった、と言う個人的意見。

アクションシーン。
は、まあ……。
そもそもが映像化不可能だし頑張った方じゃないでしょうか。
斉藤の牙突にはちょっと笑ってしまいましたが。
ずっと(ギリギリ)現実的な映像で頑張ってきたのになんであそこだけ手抜き?

剣心組マジすぎ! 観柳フザけすぎ!
悩みつつも威風堂々としててこそ剣心!
よって見てて気持ち悪い → 面白くない。
現場からは以上です。

タグ: ,

2 コメント

  1. 映画のレビュー、いつも楽しく拝見させていただいてます。

    たしかブログ主さんはヒックとドラゴンを絶賛されていたように記憶していますが、その続編を含めたドリームワークスの3Dアニメ情報が先日公開されたのはご存知ですか?
    自分はこのブログの当記事を見てヒックとドラゴンにはまり、映画館で見たかった、と激しく後悔した映画でして…待ちわびた続編!これはもう映画で見に行くしか!!
    まだ先の話ではありますが、公開日についての詳細発表が嬉しくて、この映画を教えてくれたミッキーマウスさんにご報告にあがった次第であります。

    下記にURLを記載しておきます。
    http://eiga.com/news/20120912/6/

    あぁ…これを機にもう一度「1」を3D映画で再上映してくれないかなぁ…。
    すでにご存知でしたらすいませんm(_ _)m

    これからもブログ応援してます!
    長文駄文失礼しました。

    1. ■コツさん:

      うおおお遂に! 情報感謝です! 嗚呼わしのトゥースレス……!
      今度はうまくプロモーションしてマジで……;; 
      あ、でも配給がパラマウント → 20 世紀フォックスになったそうなので
      パラマウントよりは巧いことやってくれると思います。期待期待。

      > 「How to Train Your Dragon 2」(14年6月20日)

      2014 年! あと 2 年もあるよ!
      1 はもう一度 3D で見たいですねえ。
      あ。見たくなった。いまから見ます。

コメントの受付期間はポスト公開から 30 日間です。