[Football][TV] さようならB-CAS

UEFA チャンピオンズリーグ決勝、バイエルン・ミュンヘン vs. チェルシー。
……いやまさか本当にチェルシーが勝ってしまうとは!
出場停止 + 怪我人多いチェルシーが勝つには、バルサ戦のように守って、カウンターか FK かコーナーか、とにかくワンチャンスに賭けるしかないだろう。というのはもう試合前から判りきってたこと。それでも試合終了間際に先制点を奪われ、あーもーこれはだめだ! と思ったら直後に get した、この試合チェルシー 1 本目のコーナーキックで、ヴィラス = ボラス時代冷遇され続けたドログバさんが振り出しに戻して ―― 最後の仕上げはリーサルウェポン、遅れてきた男、フェルナンド・トーレスさんがッッ!
……とはならずに PK 戦ー (´ω`) トーレスさん空気読め。

PK 戦。
と言ったら、基本目立ってはいけない(目立つ = ギリギリのセーブ = DF との連携とか、自分のポジショニングだとか、とにかく何かがヤバい状況ってことだし)キーパーにとって唯一、ノーリスクでヒーローになれるチャンス☆ キックフォーム、実際に蹴ったコースなどデータ簡単に集められちゃう時代なのに、未だに「PK は決めて当然」みたいな空気あるしね! キーパー有利!
なんで、簡単に下に蹴ると止められちゃうから、キッカーは読まれても止めらんないコース ―― すなわちサイドネットか上に蹴らねばならない。……その辺に蹴るのは難しいのです。疲れてると特に。

しかしバイエルンにとってはほんとツイてないシーズンでした。リーグもカップもドルトムントに持ってかれ。唯一残った CL でも終了間際に追いつかれ。しかも延長前半にロッベンが PK 失敗。PK 戦でもリードしながら最後の最後でひっくり返されて。

チェルシーは大嫌いですが、ロベルト・ディ・マッテオ暫定監督の手腕は素直に賞賛。よくぞあの状況から。おめでとうございます。来季の活躍を期待しております。
ところでチェルシーは来季どうするのかしら。新監督含め。個人的、ヴィラス = ボアス元監督の目指した若くて躍動感あふれるサッカーより、チェルシーにはこういう、イタリアの香りの漂う(今ではイタリアでもなかなかお目にかかれない)どん引きサッカーの方が合っているのではなかろうか、と感じております。
そしてスパーズサポーターの皆さんは残念でした。CL 出場ならず。

さーこれで EURO 2012 に集中できます。
わし優勝予想 → ドイツ。ツイてないバイエルン勢にはちょっと期待できないけどドルトムントの若い子らが頑張ってくれるはず。

B-CAS : 有料テレビを不正視聴 ネットに書き換え方法- 毎日jp(毎日新聞)

あーあーあーあ……。
B-CAS さんどうすんのこれ。対策したのを配るにしたって「正規カードは現在約 1 億 5000 万枚発行されている」らしいし。どう配りゃいいのか。そんなカネどこにあるのか。……ぜいきん?
そうなるとまた TV に『地デジ終了 / 真・地デジ開始まであと○○日!』とか『現在の B-CAS カードでは○/○以降地上デジタル放送の視聴が出来なくなります』とかテロップが映し出されるわけですね。草なぎさん大忙し!

地上波と BS 無料は B-CAS カードなしで視聴可能にして、有料放送のみ事業者経由でカードを発行してもらうようにする? そしたら B-CAS いらなくなるけど、代表の人も「不要と言われれば退く覚悟はできている」つってたし。いいよね? 新カード発行の費用も WOWOW とかスカパーに押しつけられるし。

タグ: ,