[XIV][XI] プレイヤーの限界を問うクエスト

“じゅうよん”。

蛮神ダークモーグリ、改め“善王モグル・モグ XII 世”討伐戦の報酬アイテムを一足お先に動画でご紹介!

どの種族が降ろした神なのだ。いやモーグリか。
エアバッグ闘器と伸びる長槍と回る大型呪具いいですな! これは欲しい!
“セカイカンガー”を重視しすぎてゲームとして必要なデフォルメすらばっさりカット、結果映画『サロゲート』に通じる気持ち悪い世界になっちゃったエオルゼアですが、こう言うネタ装備の実装は旧開発陣の呪いをぶっちぎると言う意味で大歓迎です。

つっても lv.50 の武器だろうしまあ。……レベル上げねば。
ゼルダ終わったらリーヴ 4 枚 / 1 日をノルマに頑張りたいと思います。lv.30 超えてリーヴも面倒くさくなってきたけど。ターゲット外れの鬱陶しいナットが討伐対象とか。

あとこれは言ったところでどのみち新生待ちだろうけど、武器構えるモーション速すぎるよね。誰も彼も慌てすぎ。落ち着こうよ。
“じゅうよん”のモーションは、ララフェルの走りや武器構える時など間が必要なところに間を入れず、製作・修理・採集モーションなど必要のないところに間を入れる、と言う奇跡的なクォリティ。どうやったらここまで間を外せるんだと逆に感心します。

FFXI 、最後の限界クエが入るそうで。

最後の限界クエについて(ややネタバレ)

ク・ビアで武神さまとのバトルみたいですな。
……最後の限界クエだって言うのに、黒帯持ちのモを除くほか 19 ジョブにとっては「誰このクソタル」な(ひとつ前の限界クエに出てきたらしいけど)どマイナー NPC とのバトルですか。

○パーティで挑んで頂くべく目下バランス調整中。
○複数名突入・繰り返し足を運ぶものではないため、混雑はある程度のところで落ち着くと見込んでいる。

しかも PT 戦。
“ない”のは、人の質か、数か、サービス精神か。
何であれ納得するしかありませんが。プレイヤーにどうこうできるものでもナシ。

○ BF 突入前に新規アイテム集めが加わる。だから“BF は”混雑しない。アイテム集めでギスギスするかもしれないが。
○複数の BF 使用は、突入前後のイベントが既に用意されている、BF サイズ・形状によって難易度が変わり調整検証の手間が必要である、等の理由により却下する。

現有戦力ではこのヤリカタ ―― FFXI の伝統、取り合い・シュッシュオンラインが最良の解なのです、という事でしょう。最後なんだし限界 V の vs. Maat みたいな手間暇かかったものを期待したいところではありましたが。んで黒帯所持者は身内扱いで手加減なし、シでマンダウ装備してると「そうかキミが後継者か」とか言ってくれる。

タグ: , ,