[Film] 『うさぎドロップ』の感想

『うさぎドロップ』のネタバレを若干含みます。

うさぎドロップ [★★☆☆☆]

アニメ版の出来が素晴らしいため、ちょっと期待値上げすぎてたかもしれません。

序盤はほぼアニメと同じなので、おそらく原作通りなのでしょう。
ただお葬式のシーンで、「ダイキチ(松山ケンイチ)と祖父はすごい似てる」ってのを強調した演出が入るのですが ―― やりすぎ。いくらなんでもそんなわきゃないだろう。これで一気に嘘くさくなりました。
ダイキチも原作より設定若いからか、葬式の最中ずーっと仏頂面。まあ要するに親戚あまり好きじゃないんだろう、というのは後に判るけど、とぼけた感じがまるでないから単なる“無愛想な暗い男”にしか見えません。松山ケンイチ氏はお芝居巧いし、そういう風にやれって言われたからそうやってるんだろうけども。
またりん(芦田愛菜)が祖父に似てるダイキチを隠れてそっと見てるとか、何となく気になってる風な演出も入らない。立ってるだけ。親戚一同と同じく「ヘンな子だな」と思ってしまいます。そのためレイナにあの子喋れないんだよって言われての「喋れるよ」とか、誰が引き取るか → 「うち来るか?」が唐突に聞こえます。
ああ監督原作読んでないんだな、と。

コウキママ(香里奈)関係。
まずキャラがアニメ版と真逆。ケバい芸能人になってます。見た目も性格も作品の淡い雰囲気にまるで合っていません。
んで、なぜか、ダイキチではなく松山ケンイチと、コウキママではなく香里奈のダンスシーンが 2 回くらい入ります。一応心理描写という扱いではあるんだけど、これは全く必要のないシーンです。ああまたダンスっスか、とゲンナリしました。
極めつけは終盤。……なんでそういうのを入れてくるかな。せっかく「あぁ、よかったね」で終わるところだったのに台無しです。愛 = セックス直結的演出は結構ですが、子供らの居ないところでお願いします。

祖父の家に呼び出されたシーンの、あのムカつくおばちゃん。
端から「うまくいってない」と決めつけてるわ、突然ヒス起こすわ。もし何かあったとしてもあのおばちゃんには絶対に預けられないですね。
あのひとは原作に登場するのかしら? だとしたらこう言うシーンこそ真っ先にカットすべき。

コウキとりんの大冒険のシーンの、チャリの兄ちゃん。
……今の時代だと「児童が男性に声をかけられる事案が発生」になりかねないのに、勇気がありますね! でもわざわざ自転車を止めて声をかけるほど様子がおかしいと思ったのなら警察に連絡するなどすべきじゃないでしょうかどうでしょうか。まあ見るからにアホっぽいので仕方がないか。しかも連れ回しまでしてるし。
目的地への案内の際の演出は「え、ちょっと止めて、まじでやめて」本気で焦りましたな。

りん役の芦田愛菜に注目が集まってますが、コウキ役の子もなかなか。
それから、ダイキチとりんの絡みがずっとぎこちなかったです。むしろダイキチとコウキの 2 人のお芝居のほうが自然に見えました。天才子役と呼ばれる芦田愛菜を持て余したか。
つか彼、子供あんまり好きじゃなさそう。奥さんも年上だし。

タグ: , ,