[Film] 『劇場版 NARUTO』の感想

『劇場版ポケモン ビクティニと黒き英雄ゼクロム』及び
『劇場版 NARUTO ブラッド・プリズン』の
ネタバレを若干含みます。

『白き英雄レシラム』に続いて黒の方も見てきました。
黒って事で白に比べ若干アダルトなふいんき。音楽が。
あとは冒頭でドレッドが説得に向かった集落が違ってたり、左右逆だったり、一部ポケモンが色違いだったり、ドレッドのポケモンが違ってたり。ピカチュウの技も違ったかしら。
まあポケモン興味ない者からすると 2 本にする意味がわかんない。レシラムとゼクロムのどっちが味方か、ってだけで 2 本になってるし。確かに、例えば『白き英雄レシラム』の 1 本だけだとポケモンホワイトを買った子が「なんでゼクロムが味方じゃないの!」ってなるだろうけども。しかしそういう理不尽を経験して子供は大人になっていくものなのです。
ちなみにわしはレシラムが好き。尾がジェットエンジンぽいし。

劇場版 NARUTO ブラッド・プリズン [★★☆☆☆]

そもそも NARUTO 読んだことありません。すみません。
あ、忍者モノだっていうのは知ってます。
……なんで見たのか? せっかくのフリーパスなんだから上映中の全映画コンプリートしたいじゃないですか! それだけです!

主人公のナルトさんは濡れ衣の上忍暗殺容疑で投獄されるわけですが ―― そこで脱獄未遂 2 回、監獄の長にケンカ売ること 2 回、懲罰房送り 3 回。……何度も同じような絵を見せられて序盤で疲れました。

バトル時、効果音ミュートして BGM のみ聞かせる、って演出は格好良かったです。そのメロディも終わって鳴ってるのはストリングスだけ、そしてストリングスも切れようかってときにナルトさんの逆襲。

仙人モードって言うんですか、パワーアップするやつ。
最初の全く意味なかったよね……。わざわざ懲罰房に分身置いてきたのに。
2 度目のはまあなんとか。でも結局やられちゃったけど。
ていうか竜舌さん、なに一緒に刺さっちゃってるの……。

里の命の重みとか掟とか、ナルトさんのスペックであるとか、そういう予備知識が絶対に必要な作品でしたな。じゃないとまるで判りません。実際判りませんでした。

タグ: ,