[Film] 『ロック~わんこの島~』の感想

『ロック~わんこの島~』の
“完全なネタバレ”を一部に含みます。

日曜日は人多くて落ち着いて見れませんな。
土日と 1,000 円の日は映画館行かなくてもいいやー。

ロック~わんこの島~ [★★☆☆☆]

2000 年に起きた三宅島の火山の噴火による避難の過程で離れ離れになってしまった、少年と、その飼い犬ロックの物語。
……“三宅島の火山噴火”を“福島第一原発事故”に置き換えても全く違和感なし。ストーリー自体は過去で、主人公も冒頭で「みんなは忘れてしまっただろうか」と言ってたけど、2011 年の日本人にとって災害は現在進行形(しかもどちらかと言えば悪化中)でありその点非常にリアルです。

ロックかわいい (*゚∀゚)=3
しかも大型犬! 多分ゴールデンレトリバー (*゚∀゚)=3=3
大きくなったロックももふもふかわいい!
この感想で終わりでいいです!
いぬかわいい。いぬだいすき。ぬことか()笑

しかし、まあ、引っかかる部分も。
少年が島を去るときはロックが車を全力で追いかけ、ロックが少年の元を去るときは今度は少年が車を追いかける。この演出は定番ではあるけれど、ここまであからさまに同じ見せ方だとひねくれ者のわしとしては計算臭さの方を強く感じてしまい。さあここで泣いて! と言われたようでちょいと興醒め。
それから ―― 動物救護センターを手伝ってたあの大学生は“空気の読めない救いようのないバカ”ってことでいいのかしら。少年とロックを見てて良い奴にクラスチェンジした、なら東京を離れる際のセリフはもうちょっと考えてあげるべき。結局変わってないのならあのシーン全部いらない。気分悪くなるだけ。……傍観者でしかない我々観客を痛烈に皮肉ったのだ、と言われればまあ納得。

ラスト近く、4 年が経過しやっと三宅島に帰れる! となったあとの展開が非常に残念。
完全にネタバレするとロックはこの 4 年間、新しい飼い主の元で、新しい名前を得て幸せに暮らしていたのです。……その、今やよそん家の犬である“元”ロックを、少年の父親は三宅島に連れて帰ろうとします。
そういう約束だったって? でも 4 年だよね? 一緒に暮らした時間はあんたらと同じか、下手すればそれより長いよ? 4 年間世話した方は無視? さんざん家族の絆を訴えておいて他所んちの家族の絆はぶっ壊していい? 被災者の要求は全て無条件で受け入れるべき、とか明らかに間違った価値観植え付けようとしてない? それはそれで実にフジテレビらしいけど。
獣医さんは「ロックに会わせて下さい」という父親の要求を断固として断るべきだったと思うわけです。勘違いした DQN 親なんかほっときゃいい。まあ三宅島に帰る際一目見る位は良いとして、でも「ロック」と呼んではだめ。別離は飼い主である少年自身が決めたこと。忘れられてなかったことだけを喜ぶべき。

それまでのいい話が最後の最後で全て台無し。
なので★ 1 つ。
でもロックかわいいので★ 1 つおまけ = ★ 2 つ、という評価。
どうでもいいけどサブタイトル、本編に一切かかってないよね。正確に書けば「(その後その)わんこ(がマスコット犬として有名になる予定)の島」?

追記として、後ろの席に座ってたお子さんのコメント。
「そんなあぶないしまならひっこせばいいのに」

タグ: ,