[TV] 気付いたら夜だった

ムービープラスと日本映画専門チャンネルで映画見てたら日曜日が終わってしまいました。
『ランボー / 最後の戦場』『トランスポーター』『アポロ 13』『アマルフィ 女神の報酬』。

ランボーシリーズは 2 作品目の『怒りの脱出』と 3 作品目『怒りのアフガン』を映画館で、のちレンタルヴィディオ屋さんで 1 作品目。
個人的には 1 > 3 > 2 の順で好きですな。2 と 3 の単純明快なシナリオもいいけど。弓矢格好いいし。……今気付いたんですが MH やその他 RPG で弓や弓キャラが好きなのはこの映画の影響かもしれません。
とそんな思い出に浸りつつ 4 を見たんですが ―― こりゃすげえ (゚Д゚)
ヘッドショットで首から上が吹っ飛ぶわ、爆発の最中に赤いものが散るわ、子供も容赦なく殺すわ、生きてる人間の四肢を切り落とすわ。
『エクスペンダブルズ』はスタローン基準に照らせばまだファミリー向けだったんだな、と。

1 作品目の臭いのする作品でした。
何も変わらない、と言う現実しかそこにはなく。

元 SAS 隊員でリーダーの人、ランボーに凄まれて以降完全に手下になっちゃっており。あれでどっちが兵士として格上か知ったんでしょうか。それはそれでさすがの嗅覚。

『トランスポーター』シリーズはこれが始めて。
“運び屋”が主役ってなんか面白そう! 1950 年代の名作『恐怖の報酬』みたいな映画? と思ってたら運ぶのって序盤だけ。中盤以降はごくフツーのアクション映画でした。リュック・ベッソンの安定感はさすがです。

1 : 契約内容の変更はできない
2 : お互い名は聞かない
3 : 依頼品は開けない

依頼品の詳細、受け取った時点に於ける依頼品の現状、そしてこれはどういう類の品なのか、は最低確認しとかないと仕事になんないんじゃ……。爆弾持たされたらアウトじゃん? と思ってたら本当に持たされて思い切り笑いました。
この運び屋、相当のバカに違いありません。
どうしよう。2 と 3 も今後放送されるみたいだけど見るべきか否か。

『アポロ 13』。……相変わらず泣かされます;;
1995 年の映画なのに今見ても素晴らしい映像で。

同じく宇宙が舞台 x トラブルの連続 x 泣き作品だと思われる『HAYABUSA』にはこの作品の上を行って欲しい!

『アンダルシア 女神の報復』見にいく予定なので、予習をかねて前作『アマルフィ 女神の報酬』。
感想。予想外に面白かったス。展開が無理矢理なのと、シナリオ的そんなことしてそれで許されるの? という部分はあるけれど。
不自然な場面転換が 2 箇所ほど。演出? にしては意図がサッパリ。
あとアマルフィそんな関係ないよね。2 度目に行けと言われた場所、ってだけで。実際はローマで事件起きてるし。
映画館で見てたら★ 3 つー。

タグ: ,