[Film] 『死の秘宝 PART2』と『カーズ2』の感想

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』
『カーズ 2』のネタバレを若干含みます。

日本人ってサブタイトル好きだよね、といつも思います。
いいじゃん『DOG x POLICE』で。いいじゃん『LIFE』で。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 [★★★★☆]

原作未読。映画は一作目のみ視聴済。
それだけでもだいたいの話は判るうまい脚本演出。つまり、分霊箱が 1 つでも残ってる限りラスボスは復活するから、戦う前に必ず壊しておかねばならない。それで PART1 ではそのための旅をしていたと。

しかしやはり判らないことも多く。
それはまあ仕方がないか。

分霊箱の破壊にも特別な道具が必要らしく、PART1 でそのためのグリフィンドールの剣を手に入れたのにそれは序盤で簡単に奪われてしまい。どうするのかと思ったらロンより代替手段が提示。じゃあ剣を探す旅必要なかったよね。あんな寒い思いしてまで。
そのグリフィンドールの剣、ゴブの手から消えちゃったけどあれどうなったのか。しかも最終局面で男子生徒が帽子、たしかあれは 1 作目で子供らがどの寮に入るにふさわしいかを決めた組み分け帽? の中から出したような。
あとニワトコの杖。忠誠心に関する話から考えると、あの時点で杖の所有者はヴォルデモートに移ってないとおかしくないか。あ、いや、でもあの秘宝は戦う前に手放してたし ―― じゃあ結局瞬間的にも死んでないってことかしら。いかにも三途の川的な映像だったけど。
そうなると死んでるかどうか確認しにきた女性(トラゴの母親?)が嘘ついてくれなかったらアウトだった、ってことに。ヴォルデモートが自分で確認すれば勝ちだったのにね! 安心し切ったか、堂々と最後の分霊箱を従えてホグワーツ来ちゃったし。

ラスト。ハーマイオニーの家族に触れられなかったのは残念。消しちゃったものはもう元には戻せないのか。だとしたら悲しすぎますな。
しかしながら実に幸せそうで良かったです。
終わり方が気持ちよいので★ 1 つサービス。ただシリーズ最終作なんだったらエンドロールの BGM もうちょっと明るいのにしてくれても。なんか暗い。

カーズ 2 [★★☆☆☆]

これは ―― もしや既存の枯渇性燃料資本 vs. 再生可能資源燃料資本のドロドロとした争いが根底にある? と思ったらさすがお子さま向け作品。単純な解でした。というか破綻してるように見えます。
そもそも、元々そうだったんだから売らなくて良いし。最初は本当にそう言う目的であったとしても色々おかしい。なんでそんな手間のかかることをするのか。意味わかんない。

車だから良いけど、よく考えたら描写は相当残虐。鉄塊にされるわ、バラバラになるわ、爆発させられるわ。おお、怖い怖い……。
R15+ でもおかしくないくらいです。

レースシーンはスピード感あって○。
日本でのトイレのシーン。HENTAI 的システムに萌え文化までミックスされてさらに大変なことに。さすがにあそこまでは行かない、と、思う。
あとぶっちゃけメーターうざい。

タグ: ,

2 コメント

  1. グリフィンドールの剣と組み分け帽子の関係は、前のほうの話で既出なので説明されてないのです(*’-‘)

    杖は、
    1. 前作(プリンス)でドラコがダンブルドアを武装解除→ドラコに所有権が移動
    (この後スネイプがダンブルドアをやっちゃってますが、すでに所有権は移動しているので無関係。そこをヴォルデモートは勘違いしてスネイプを殺している。)
    2. 前作(秘宝PART1)でハリーがドラコを武装解除→ハリーに所有権が移動
    ゆえに、スネイプを殺してもヴォルデモートの所有物にはならなかったのです。

    ハリーが生き返ったのは「額に稲妻のあざが刻まれたあの日、互いに互いの分霊箱になっちゃったから」。
    だからハリーは一度死んで自分の中のヴォルデモートの魂を破壊しなければならなかったし、死んでもヴォルデモートの中に残っていた魂で復活でき、殺されてない=負けてないため、杖の所有権の移動もなかった、と。

    でもって、原作では両親の記憶は元に戻しているハズです。
    映画の尺的に、説明不足な点がけっこうあるんですかね( ・ω・)?

  2. ■ blanca さん:
    ほほう。なるほどです。
    実はヴォルデモートもハリーの分霊箱だったと。
    あーそう言えばダンブルドア先生が駅でそのようなことを話してた、ような……。

    両親の記憶戻してるんですね。それは良かった!
    映画はおそらくわざと説明不足にしている、と言うか
    「もちろん小説は読んだよね?」ってお客さんをターゲットにして作ってますな。
    のできっとわしみたいなのが異端。
    読もうと思うのだけど図書館では常に貸し出し中です。

    解説有り難うございました!

コメントの受付期間はポスト公開から 30 日間です。